お腹の赤ちゃんのためにもママの口腔ケアはしっかりと

妊娠中はホルモンバランスの変化から体調管理がしにくくなり、デンタルケアもままならないということがよくあります。また、つわりがひどい方の場合は歯ブラシをお口に入れることさえつらくなり、1回に食べられる量が減って食事の回数が増えることもあるので、非常に虫歯や歯周病になりやすい状況です。しかし、妊娠中の虫歯や歯周病はお腹の赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼすことがあるので、軽く考えてはいけません。

都筑ふれあいの丘駅徒歩10秒の歯医者「みつい歯科クリニック」では、妊娠中の方の治療はもとより、お口のトラブル予防に役立つケアにも力を入れています。お母さんと赤ちゃんにとってデリケートな時期だからこそ、しっかりとお口の中の健康管理をしたいものです。当院では、マタニティデンタルケアに役立つさまざまなアドバイスを行っています。気になることがあれば、何でもご相談ください。

妊娠性歯周炎をご存じですか?

近年、歯周病菌が全身にさまざまな悪影響を及ぼすことが問題視されるようになり、妊婦さんへの注意喚起も活発に行われています。そのなかでも特に注意していただきたいのが、「妊娠性歯周炎」です。妊娠性歯周炎とは、妊娠中の女性に起こりやすい歯周病トラブルのこと。妊娠中はホルモンバランスの変化によって免疫力が低下することから、歯周病が発症・進行しやすい状態にあります。

妊娠性歯周炎になると、口腔内の歯周病菌が増加します。この歯周病菌が血管内に侵入すると、子宮収縮を促すホルモンに似た物質を分泌。これを受けて身体が「出産準備が整った」と勘違いしてしまうと、早産や低体重児出産を引き起こしてしまうのです。

喫煙や飲酒などよりも高いリスク

※日本臨床歯周病学会のHPより引用
妊娠性歯周炎になった妊婦さんは、そうでない妊婦さんと比べて早産・低体重児出産のリスクが約7倍高くなるというデータもあります。これは、喫煙や飲酒、高齢出産よりもはるかに高い数字なのです。妊娠性歯周炎は歯周病と同じく、適切なケアによってしっかり予防できる病気です。当院では妊娠中のお母さんの身体にしっかりと配慮しながら、適切なデンタルケアをご提供しています。妊娠していることがわかった方、またこれから妊娠の予定がある方は、まず当院にご相談ください。

【つわりでブラッシングができなくなった方へ】

つわりがある時期のお口のケアはとても大変です。歯みがき粉の味やにおいに敏感になり、これまでのようにブラッシングができなくなるという方も少なくありません。無理のない範囲で工夫して、できるだけお口の中を清潔に保つようにしましょう。

  • 低刺激の歯みがき粉・香料を使わない歯みがき粉を使う
  • 歯みがき粉自体がダメな場合はブラッシングだけでOK
  • 歯ブラシのヘッドを小さめのものにしてこまめにみがく
  • うがいでお口の中から食べかすやプラークを洗い流す
  • うがいもダメな場合は小さめの氷を舐めるのがおすすめ
  • 入浴時や音楽を聞きながらなど、焦らずリラックスした時間にブラッシングをする

妊婦さんの歯科健診について

妊婦さん

妊婦さんは虫歯や歯周病になりやすく、お口のケアも大変なので、積極的に歯科医院を活用していただくことをおすすめします。妊娠5~8ヶ月頃の妊娠中期(安定期)に入れば、つわりなども落ち着いてある程度の歯科治療が可能になります。出産後は赤ちゃんのことに追われて自分のこともままならない状況になるかもしれませんので、その前に一度当院へお越しください。虫歯や歯周病は、しっかりと治しておくことが大切です。

無料で受けられる妊婦歯科健診

横浜市都筑区の歯医者「みつい歯科クリニック」は、横浜市妊婦健康診査の対応機関(妊婦歯科健診実施医療機関)として妊婦歯科健診を行っています。横浜市内に住民登録をしている妊婦さんは、妊娠期間中に1度、当院の歯科健診を無料で受診していただくことが可能です(健診時は妊婦歯科健診受診券、母子健康手帳、産婦人科の診察券を忘れずにお持ちください)。この機会を利用して、歯とお口の健康チェックをしてみましょう。
※健診の結果、治療が必要な場合は、医療保険による治療費がかかります。

横浜市妊婦歯科健康診査について詳しくはこちら

妊娠中のQ&A

Q.妊娠中の歯科治療で、レントゲンや麻酔、薬の服用は大丈夫ですか?

歯のレントゲン撮影に関しては、通常のレントゲンの約10分の1と、被曝量が大きく抑えられています。撮影時には防護衣を着用していただきますので、身体への被曝はほとんどないといってよいでしょう。麻酔についても、量が極めて少ない局所麻酔なので心配ありません。薬に関しては安全性の高いものを選択していますが、念のため、現在かかっている産婦人科の先生にご確認いただくと、より安心していただけるかと思います。

Q.妊娠中の歯ぐきからの出血は仕方がないと聞いたのですが、治療はできませんか?

妊娠中は歯ぐきの炎症や出血が起こりやすいですが、基本的にはお口の中をクリーニングしたり、歯石を取り除いたりすることで症状は改善できます。症状を我慢することは妊婦さんによって余計なストレスとなってしまうことがありますので、当院へご相談ください。

Q.妊娠前に親知らずは抜いておくべきでしょうか?

親知らずについては、妊娠中かどうかは関係なく、生えている位置・向き・咬み合わせなどをきちんと診断して抜歯するかどうか判断する必要があります。親知らずが虫歯になっていたり、周囲に炎症が起こっていたりする場合などは、妊娠中に痛みがひどくなったりその後の治療が難しくなったりする可能性もあるため、念のため歯を抜いておく方がよいかもしれません。いずれにしても患者さんごとに状況は異なりますので、気になる親知らずがある方は、歯科医院でしっかり検査をしてみましょう。

Q.歯周病になると早産が起こりやすいって本当ですか?

はい、本当です。妊娠中の女性は歯周病になりやすく、さらに歯周病菌が原因で早産・低体重児出産を引き起こすことがわかっています。妊娠中の歯周病・歯周炎は、歯科医院でしっかりコントロールしましょう。

Q.妊娠すると歯が弱くなると聞いたのですが、本当ですか?

妊娠が原因で歯が弱くなる、ということはありません。しかし、妊娠によって唾液分泌やホルモンバランスの変化が起こり、つわりによって食事など生活習慣も不規則になることから、虫歯や歯周炎を引き起こしやすくなります。結果として、歯が弱くなるという例が多いためそのような言説が生まれているようです。正しい知識による適切なデンタルケアで、健康な口腔内環境を保つようにしましょう。

マタニティ歯科についてのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ みつい歯科クリニック 045-482-4346 横浜市都筑区 都筑ふれあいの丘駅から徒歩10秒