虫歯になりやすい乳歯だからこそ気をつけたいこと

乳歯は永久歯に生え変わるまでの“一時的な歯”ではありますが、永久歯を正しい位置に導くという重要な役割も担っています。永久歯よりも歯質が薄く、虫歯に対する抵抗力が低い乳歯。しかし、乳歯に虫歯がなければ永久歯も虫歯になりにくくなる(10分の1になるというデータもあります!)ため、乳歯の健康が永久歯、つまり将来のお口の健康をつくるといっても過言ではないのです。

都筑ふれあいの丘駅から徒歩10秒の歯医者「みつい歯科クリニック」では、小さなお子さんの生えたての乳歯を虫歯から守るために、お子さんへの診療はもちろん、お子さんのお口の健康管理を行う親御さんのサポートにも力を入れています。子どもの歯について気になることや不安なことがありましたら、私たちに何でもご相談ください。

虫歯にさせないためのポイント

お子さんの歯を虫歯にさせないために、生活の中で気をつけたいポイントがいくつかあります。

ポイント1 食事やおやつは規則正しく

歯にとって一番よくないのは、食べ物がいつもお口の中に入っている状態。食べ物の摂取によってお口の中が酸性になると、虫歯で歯が溶かされてしまうリスクが高まるからです。お子さんの食事を細かく管理するのは難しいかもしれませんが、できるだけ「決まった時間に食べる」「ダラダラ食べをしない」といったルールを決めておきましょう。

ポイント2 甘いものは控えめに

お口の中の糖分は、虫歯菌が歯を溶かす「酸」をつくり出す際のエサになります。虫歯予防で甘いものを控えたいのはこのため。糖分(砂糖)を多く含む、アメ・キャラメル・チョコレート・グミなどのお菓子はできるだけ控えめにしましょう。キシリトール入りのものやノンシュガーのものを取り入れるのはおすすめです。

ポイント3 お口の中をリセットする時間を

食後30分ほどすると、虫歯菌の活動が活発化し始めます。口腔内で虫歯菌が「酸」を生み出すのを防ぐためにも、食後に食べかすが残らないようにブラッシングでお口の中をリセットしましょう。また、ブラッシングなどのケアは小さいころから習慣づけることがとても重要です。外出時などブラッシングが難しいときにも、お口を水やお茶でゆすぐなど工夫し、お口をさっぱりさせる感覚を身につけさせてあげましょう。

お子さんの歯を守る「仕上げみがき」

小さなお子さんは、自分で十分にお口のケアをすることができません。きちんとブラッシングができるようになる10歳ごろまでは、親御さんの手でケアや仕上げみがきをしてあげましょう。当院では、親御さんの仕上げみがきについてのアドバイスも行っています。お気軽にご相談ください。

仕上げみがきのコツ
  • 歯ブラシは毛の植わっているヘッドが小さめのものを!
  • 時間をかけてゆっくりと、そして丁寧に!
  • お子さんの頭を膝に乗せて固定し、奥歯の裏側までしっかり見えるような体勢で!
  • 下奥歯→上奥歯→下前歯→上前歯の順番で!
  • 奥歯の噛み合わせ部分から虫歯になりやすいので特に気をつけて!
  • お子さんが嫌がらないよう歌をうたうなど楽しめる工夫を!
  • 仕上げみがきを親子の大切なスキンシップの時間に!

歯を守るための小児歯科メニュー

ブラッシング指導

お子さんのお口の状況や成長に合わせて、最適なブラッシングの方法を指導。歯ブラシの選び方から当て方、タイミングなどをわかりやすく教えます。親御さんの仕上げみがきのコツもアドバイスいたします。

フッ素塗布

歯の再石灰化を促し、虫歯に強い歯を作るフッ素を歯に塗る処置です。生え始めの乳歯や永久歯には特におすすめ。定期的な塗布が虫歯予防に役立ちます。

シーラント

奥歯の上面にある細かな溝には食べかすが残ったり、プラーク(歯垢)が付着しやすかったりするので要注意。シーラントは、この溝をあらかじめ歯科用プラスチックで埋めることで虫歯を予防する処置です。

歯医者への苦手意識を生み出さないために子どもを歯医者嫌いにさせないコツ