ひどい虫歯でも抜歯で歯を失わないために~根管治療~

虫歯が歯の神経まで到達して痛みを感じなくなってしまったなら、早急な治療が必要です。それ以上放置すると、抜歯が必要になってしまうからです。抜歯は歯列を乱す原因となり、お口の健康状態の崩壊にもつながることから、できるだけ避けたい方法です。そこで重度の虫歯の抜歯を避けるために行うのが、「根管治療」です。

根管治療は、歯の根の中にある虫歯に汚染された歯髄(歯の内部にある血管・神経の通り道)を取り除き、キレイに洗浄・消毒し薬剤を詰める処置のことです。こうすることによって自分の歯の根を残し、抜歯によるリスクを回避するのです。都筑ふれあいの丘駅から徒歩10秒の歯医者「みつい歯科クリニック」では、ひどい虫歯でも抜歯で歯を失わないように、精密な根管治療を行っています。

根管治療が必要なケース

根管治療が必要かどうかは、次のような症状があるかないかでわかります。

  • 何もしていないのに歯が激しく痛む
  • 歯を咬み合わせたときに痛む
  • 虫歯の周辺の歯ぐきが腫れている

このような症状があるなら、虫歯はかなり進行しており、根管治療が必要だといえるでしょう。ただし、治療の前には適切な検査と診断が必要ですので、このようなトラブルがあるならまずは当院へご相談ください。

拡大鏡を使用して精密な治療を行います

歯は暗くて狭いお口の中にあり、さらにその歯の奥にある根管内部は複雑に曲がりくねっています。虫歯菌に汚染された歯質や歯髄をしっかりと取り除き、再発を防ぐためには、高度な治療技術が不可欠。従来、根管治療では「治療者の腕と勘」がその成功を左右していましたが、それでは確実な治療をご提供することができません。

横浜市都筑区の「みつい歯科クリニック」では、より精密な治療を実現するために「拡大鏡」を採用。肉眼では見えない狭い患部までしっかり捉えて、正確な処置を行っています。

根管治療の流れ

1.汚染物質の除去 2.根管内部の深さ測定 3.洗浄・殺菌
虫歯菌に汚染された歯質や歯髄をしっかり取り除きます 専用の測定器を使って根管内部の深さを測ります 根管内に細菌を残さないよう、しっかり洗浄・殺菌します
4.薬剤を詰める 5.土台作り 6.被せ物(クラウン)装着
根管内部の根本までしっかり、隙間なく薬剤を充填します 上部に装着する被せ物の土台となる芯(コア)を立てます 歯ぐきから上に出た部分に被せ物を装着して完了です

【治療を中断すると治りません】

根管治療は、失敗すると再治療が必要になります。再治療では初回よりも成功率が低くなるというデータもあり、そのため治療には精密さ・正確さが求められます。複雑な患部の治療には数回の通院が必要。ですが、中には途中で通院が嫌になり、根管治療を中断されてしまう患者さんもいらっしゃいます。

しかし、この「治療の中断」には大きなリスクがあります。治療を途中でやめてしまうと、激しい痛みや炎症に悩まされたり、再治療がさらに困難になったりすることにつながり、本来なら失うことのなかった歯まで失ってしまうことも少なくありません。最後まで治療を続けるのは根気がいりますが、大切な歯を健康に守るためにも、ぜひ頑張って最後まで治療を続けましょう。

歯を失うリスクを減らすためには予防が肝心虫歯や歯周病になりたくない~予防歯科~