インプラント予定の歯の抜歯 インプラントの前処置としてオープンバリアメンブレンテクニックを用いたソケットプリザベーション(外科処置の画像あり。苦手な方は注意)

こんにちは。都筑ふれあいの丘駅前、みつい歯科クリニック院長の三井です。今回は保存不可能な歯を抜歯し、インプラントを行う前処置としてオープンバリアメンブレンテクニックを用いたソケットプリザベーションを行った例をご覧ください。

患者さんは都筑区にお住いの60代の女性の方でした。左下に違和感を感じるとの主訴で来院されました。歯周基本検査(歯茎の状態を調べる検査)、レントゲン写真より左下の第一小臼歯が保存不可能であると診断しました。肉眼では特に問題はないように見えますが、レントゲン写真からは歯を取り囲むように黒い像が見られます。歯の周囲のかなり大きな範囲に炎症が広がっていると思われます。

保存不可能なことを患者さんに説明し、抜歯後の治療方法等をお話ししたところ、患者さんはインプラントを選択されました。

 

 

初診時 口腔内写真

初診時 レントゲン写真

一覧に戻る