右下第一大臼歯大臼歯のカリエスとメタルインレーに対しCERECでセラミック修復を行った例

こんにちは、都筑ふれあいの丘駅前、みつい歯科クリニック院長の三井

です。今回は下顎右側大臼歯のカリエス(虫歯)治療を行い、 メタルイン

レー(金属製の詰め物)をCERECで製作したセラミック修復物に置き換え

た例をご覧下さい。

 

都筑区在住、40代の女性の患者さんでした。当院へは検診を希望されて

来院されました。お口の中は若干の歯茎の腫れや出血は見られますが、

大きな虫歯等は無いように見えました。口腔内写真1でも大きな問題は

無いように見えます。しかし拡大鏡装着下で見ていくと口腔内写真2の

ように何やら怪しい所が見えてきます。

口腔内写真1

口腔内写真2

患者さんにカリエスの可能性が高い旨を説明し、メタルインレーの除去

を行いました。カリエスが疑われた部位(左の写真、赤い丸の部分)だけ

でなく、別の部位(左の写真、青い丸の部分)にもカリエスが見られま

す。カリエスを除去すると隣の第二大臼歯にもカリエスがあることがわ

かります(右の写真、緑の丸の部分)。

メタルインレー除去時

カリエス除去時

第二大臼歯のカリエスをCR(コンポジットレジン:光で硬化する樹脂製の歯科材料)で充填した後、第一大臼歯はCRでビルドアップし、経過観察としました。

無いことを確認し、セラミック修復物を装着しました。

第二大臼歯 CR充填時

第一大臼歯 セラミック修復時

治療前とセラミック修復時の比較です。

治療前

セラミック修復時6

患者さんは再び虫歯になる可能性が低い事にメリットを感じてCEREC

を選択されたのですが、見た目の美しさにもご満足いただけたようで、

大変喜んで頂けました。

 

横浜市都筑区 都筑ふれあいの丘駅前の歯科医院 みつい歯科クリニック

045-482-4346

一覧に戻る