深い虫歯に対し神経を保護し、CR(コンポジットレジン)で修復した例(保険診療)

こんにちは、都筑ふれあいの丘駅前、みつい歯科クリニック院長の三井です。

今回は深い虫歯に対し、神経の保護を行った後、CR(コンポジットレジン:光で

硬化する樹脂製の歯科材料)で修復した例をご覧下さい。

 

患者さんは都筑区にお住まいの20代の女性の方でした。虫歯の治療を希

望されて当院に来院されました。口腔内所見としては左上第一小臼歯・

第二小臼歯が治療途中の状態になっています。患者さんにお話を伺うと

いつからこの状態か覚えていないとの事でした。現在の状態は仮埋めの

セメントが充填されている状態だと思われます。仮埋め状態で長期間放

置してしまうと、仮に充填してあるセメントの下が虫歯になってしまい

ます。麻酔下でセメントを除去すると下はやはり虫歯になっており、虫

歯を除去するとかなり大きく歯質を失ってしまっています。

 

口腔内所見

カリエス除去時

かなり大きく、神経に近いところまで歯質を失ってしまっているので、神経を保護する目的で薬剤(HYc:HYcについてはこちらhttp://www.mitsuishika.com/case/post-58/:)の塗布を行いその後CRを充填し、歯冠修復を行いました。

HYc塗布時

CR充填時

カリエス除去時とCR充填完了時の比較です。

 

カリエス除去時

CR充填時

深い虫歯でしたが、神経を取らずに修復することができました。

今回ご覧いただいた内容は全て健康保険の範囲内で行っています。

 

横浜市都筑区 都筑ふれあいの丘駅前の歯科医院 みつい歯科クリニック

045-482-4346

一覧に戻る