補綴物(被せ物)の交換で前歯部審美性の改善を得た例

こんにちは、都筑ふれあいの丘駅前、みつい歯科クリニック院長の三井

です。今回は補綴物(被せ物)をやり直すことで前歯の審美性の改善を

得られた例をご覧下さい。

 

患者さんは都筑区在住の60代男性の方でした。奥歯の詰め物が外れたと

いう主訴で来院されました。主訴部位の治療後お話を伺っていると、前

歯の見た目を気にされているとのことでしたので、治療方法のご提案を

させていただいた所、ご納得いただけたので、処置を行いました。

処置前の写真では歯茎が下がり補綴物と歯の境目が目立つ状態になって

います。また、患者さんは空隙歯列(歯と歯の間が空いている)も気に

されていました。

処置前

ART JUSTICE dental studio の福島氏と相談し、ポーセレン築盛ジ

ルコニアクラウンで審美性の改善を図りました。自然な感じで審美性の

改善が得られたと思います。

処置後

処置前・処置後の比較です。

空隙の閉鎖も不自然な感じではなく成されているように思われます。

処置前

処置後

周囲と調和した補綴物で審美性の改善を得られ、患者さんにも大変喜ん

でいただけました。

 

横浜市都筑区 都筑ふれあいの丘駅前の歯科医院 みつい歯科クリニック

045-482-4346

一覧に戻る